ちょろいヲタク。

ジャニーズって沼だな?

玉森くんに出会えて幸せだった話。〜人生の半分以上玉森くんが好きだった話。〜

玉森くん、玉森くん。

わたしは人生の半分以上、玉森くんとともに過ごしてきました。

ヲタ卒する時は玉森担を降りる時だと思ってました。でも人生そう簡単にはいかないものです。

 


わたしはまた別のジュニア担として今生きてます。もちろん玉森くんとの数々の思い出は本当に忘れられないものばかり…玉森くんとの出会いは最高で最強で言葉では言い表せないくらい本当に最高な出会いだったし、後悔なんて1ミリもしてないです。むしろ玉森くんに出会えて本当に感謝してるしたくさんの場所に連れてってもらえて、たくさん同じ景色を見ることができて、本当に本当に幸せだった。今でも思い出すだけで幸せな思い出ばかりです。

 

でも玉森担をしてる時はわたしずーっと泣いてた気がするな…(笑)

幸せでたくさん泣いたし、嬉しくてたくさん泣いたし、もちろん悲しくて、悔しくて、苦しくてたくさん泣いた。

 


後輩にデビュー越されて大泣きした日。

当たり前にチケットが取れることが、当たり前じゃなくなりファンの多さを知ったとき。

ドーム公演が決まったとき、今まで大きかった背中が一気に小さく見えて嬉しいのに悲しくて大泣きした日。

もしツアで突然アルバムシングルDVD3タイトル同時発売が決まって嬉しくて震えと涙が止まらなかった日。

3枚目のシングルで通常盤にソロのキス顔ポスターが付いててランダムだから何枚も買ったのに1枚も玉森くんが出なくて大泣きした日。

ガムを買い占めてクリアファイルを地元のコンビニからかっさらった日。

初めて玉森くんがMCを回して感動して大泣きした日。

歌割が増えた時も、光のシグナルで初めて玉森くんが歌い出しの歌割もらえた時も、こんなにも早くBestアルバム出せた時も、帝劇の0番背負えるくらい大きくなってたときも。

 

今までキスマイの発進源となってたのは藤北だったのが一気に玉森くんになって、玉森くんの存在の大きさを改めて知った。多分何も玉森くんがなんにもできない頃から知ってるから余計に。もともと好きになった時、玉森くんがスーパーアイドルだったらまた感情は別だったかもしれない。(まあ私にとっては今も昔もこれからもずーっと永遠に玉森くんはスーパーアイドルなんですけどね。)

 

 

 

宮田とならなんでもできる、乗り越えられると思ってる玉がすきだしマイペースすぎて置いてかれてることに気づかない宮玉がすきだ

 

後ろの方でヘナッてる玉が好きだ

 

インタビュー受けてる途中にもう帰りたそうにしてる玉が好きだ

 

人見知りでシャイな玉が好きだ

 

舞台上で輝いてる玉が好きだ

 

 

 

玉森くんはプロ意識高いから怪我したり苦しいとき何もいってくれないでプロ意識丸出しで私たちが知るのは何年か経ってからだった。

 

いつも、いつでも、どんな時でも笑ってる玉が好きだ

 

玉森くんはいつもかんわいいかおしてニコニコして恥ずかしがると耳真っ赤にして、そんな真っ赤な耳を逆の人差し指でいじる玉が好きだ

 

玉森くんは恥ずかしがり屋さんでいっつも藤ヶ谷くんと北山くんの後ろから顔ひょっこりだしてたな。

 

玉森くんはいっつも歌番組で宮田くんとふざけてた。

 

玉森くんは悔しくても全然悔しそうなそぶり出さないからこっちの方が悔しいと思うと思うことが何回もあった。

 

玉森くんは、玉森くんは…玉森くんのいろんな姿を見てきたから玉森くんのことなんでも知ってるつもりでいたけど。

 

今年のツアーではまた新たな一面が見れた。

西武ドームオーラスであんなにワンワン大泣きしてる玉森くんを見たのは初めてだった。

“YOUたちは泣いたら終わりだよ。”

そうジャニーさんが言ってたんだよね。みんな忠実に守ってた。だけど今年玉森くん泣いちゃったね。いろんな感情込み上げたんだよね。たくさんみんなよりいろんな経験したもんね。ドラマの単独主演も、映画の単独主演も、自分のドラマ主演で自分たちが歌う主題歌を歌えたことも初めてを経験したのは全部玉森くんだったもんね。

 

 

 

玉森くんを好きだったわたしの人生、どこを切り取っても、わたしの人生の中に玉森くんがいたことは間違えなかったし、幸せだったことに変わりはなかった。 でももう平気。そう思わせてくれたのは玉森くん。そして玉森くんのことが大好きなたくさんのファン。もうこんだけファンいれば大丈夫でしょ!ドームだってできるしもうキスマイは大丈夫!単純にそう思えた。大きくなったんだよ。大きくなりすぎた。こんなに大きくなるなんて思ってもなかった。こんなにたくさんの人に愛されるなんて正直デビューしたての頃は思わなかった。でもこれもキスマイの頑張りと努力の結果なんだろうなって思ったら不思議と安心した。

 

テレビをつければCMやバラエティ、ドラマでたくさんキスマイが観れて、たくさんの活躍の場を見れる。CDだって出せばオリコン1位が取れる。

この環境って当たり前じゃ無いけど、誠実にしてれば必ず取れる数字。

それにね、キス担はとっても心が暖かくてキスマイがこれだけ私たちにしてくれるんだから私たちも何か還元しなきゃって思ってオリコン1位一緒に目指せる美味しい関係なんだよ。だから絶対オリコン1位取れる。これは確信できることかな。同じCDがたくさん積み上げられてるの見るたびこの時危なかったんだよなぁって不思議と感じられるんだ(笑)それも今となってはいい思い出。

 

”玉森くんがトップアイドルになるまで見続ける”

 

これが玉森くんを好きになった時からの夢だった。まだまだ今はトップじゃないよ。これからもっと大きくなれるよ。そういう意味では、その夢は叶わなかったけど、玉森くんに出会えて、たくさんの夢を見れて、彼が1つでも多くの夢を叶える場所に立ち会えて、たくさんの景色を見せてもらって、たくさん同じ景色を共有して、夢のような空間にたくさん連れてってもらえて。本当に本当に幸せな12年間でした。

 

行く予定なかった日台風で学校がなくなって急遽チケット買って入ったDREAM BOYS、北山くんのカルタを持たせてもらって藤ヶ谷くんと横尾くんが取りに来てくれて私が玉森くんのうちわ持ってたら玉森くんつれてきてくれた新春イベント、新春イベントの時はちょうど受験で3公演しか行けなかったのに3公演とも全部玉森くんがきてくれて幸せすぎたこと、玉森くんが近すぎて大泣きしたこと、中学生の時アルバムもう1枚ほしくて家族と喧嘩したこと、初めてのドーム公演でアリーナ当たったこと、少ない公演でも喜べたのにどんどん欲深くなって多ステや良席に入らなきゃ気が済まなくなったこと。私の価値観を狂わせてくれたのも全部玉森くんだった。

 

たくさん公演に入っても飽きないで見れたのも玉森くんだったからだと思うし、玉森くんの声も努力家なところも、頑張り屋さんでたまには声張り上げてみて、メンバーの誰も経験したことないような場所に1番に飛び込んで、玉森くんにメロメロになったファンは必ずグループに持ち帰ってきてファンを増やして、必ずグループに還元してキスマイの強みにしちゃうところも、もちろん顔も。(笑)全部全部抱きしめたいくらい大好きだった。過去形にしたら嘘になっちゃうけど実際今でも大好き。

 

この間わたしの玉森くん大好き期の人生振り返ってみたんだよね。

そしたらね残ってたのは沢山のコンサートや舞台の半券と今まで抜けなしで買ってたフォトセ、公式写真、CD、DVD、うちわやグッズ、本当にたくさんあった。

残ったのは半券と思い出だけだけど、その半券やグッズや写真を見るだけでこの時の玉森くんは〜…ってすぐに思い出せる。どんな玉森くんもみてきたつもりだから。残った半券見て喜べるから不思議だよ。ヲタクって生き物は。(学生だけど絶対こんなことしてなかったらヨーロッパ周遊できてる。)

 

玉森くん。大好きでした。人生で一番でした。同じ時代に生まれてこれたことが幸せでした。デビュー7年なんて信じられないでしょ?私も信じられないもん(笑)あっという間だった。あっという間に12年も経ってた。気づいたらたくさんのファンが付いてた。もう大丈夫。私は陰ながら応援することにします。大好きな気持ちは変わらないよ。ただ比重が変わっただけ。これからも自分のやりたいこととお仕事、ゆる〜く頑張ってほしいし、やりたくないことはやらなくていいからね?(突然のモンペ発動)

 

玉森くん、これからももっと愛されて大きくなってしあわせになってね。

それが、私の1番の願いです。

 

そして私は玉森くんが男としての幸せを掴めることも祈ってます。玉森くん雑誌で言ってたこと覚えてるかなぁ…?結婚して子供できたら絶対ピアノ習わせておしゃれなお洋服たくさん買ってあげるんだって。私はそんな玉森くんの夢も叶えられるといいなって密かに思ってます。

 

玉森くん、どうかどうかこのまま幸せでいてください。

またコンサート行ったらかっこいい玉森くんの姿見れるといいなぁ。

世界一かっこいい玉森くんへ。

届かなくていい私の想いでした。

 

 

 

5年ぶりの冬コン。

いつもカットされてた玉森くんのソロは全部歌わせてもらえてて、Jr.と絡むシーンは積極的に自分から暗転時に打ち合わせしてて、宮玉ユニットは玉森くんの大好きそうな、あーこれ玉森くん考えて構成したんだなぁっていう演出で、MCでは相変わらず見守るスタンス貫いてて、割と何も変わってないようで変わってたりする玉森くんだったかな〜とくにジュニアとの絡みとかは年々自分から考えて行動してる姿見ると玉森くん、成長してるじゃん!!なんて思ったり(笑)(5個以上年下なのになぜか上から目線の私。)

今回の東京でとりあえずキスマイの現場ラストだからラストちゃんとみれるように頑張ります💛

Love-tune 〜それは最高に素敵で伝説を残してくれたグループ〜

 

最初に言っておきます。

 

私はラブ担ではないし、ラブの誰かの担当をしたことがあるわけでもない。ただ、JJLやガムシャラ、ガムパいろんなところで活躍してるラブのメンバーを一人一人何となく見てきてるからそれを頼りに綴るだけ。それだけの人間がこれだけラブに興味を持てたり、ラブのことを尊敬できたりかっこいいな、すごいな、素敵だな、羨ましいなって思えるんだからきっと、いや、絶対にラブは最強で最高のグループだったんだよ。

 

わたしLove-tuneを生で見たことは1回もない。もちろんキスマイのバックや、セクゾのバック、ジュニアの現場に行って個々でたくさん見たことはあるけどLove-tuneを生で見たことは1回もない。

 

でもそんな私でもラブが人気なことも、ラブが今一番勢いがあるグループだったことも、ラブが推されてることもわかった。

 

だって一目瞭然だったもんね。

結成してすぐにオリ曲もらえて、衣装もらえて、少クラでトーク出させてもらえて。様々なフィールドで活躍できるみんながちょっぴり羨ましくて妬ましくて。でも事務所の推され、干されなんてよくある話だからそこまで気にしてなくて。

 

だけどだんだん雲行き怪しくなってきたよね。最初は少クラに出なくなって、次はグループで雑誌に出れなくなり、撮影終わってHPもできてる映画が公開待ちだったり。最終的にあられおみゅ以外は個人的も雑誌に出なくなって。

 

2018年11月30日。

Love-tune 解散”

 

 

自担を大切にしよう。それはいつも思ってることなんだけど、それをやめたジュニアがいたことで改めて実感した。それを実感する引き金になったジュニアがラブだったのが本当に悔しかった。トラジャにもともとメンバーがいたラブ。仲良し97年組ズッ友フォーエバー称したメンバーがいたり、ずっと昔ジュニアで番組特集組まれた時に夢は?って聞かれたらデビューすることです!って胸張って言ってたメンバーがいたり、チビジュたちを率先して引っ張ってってくれてたメンバーがいたり。

 

そもそも思うのは最近のジャニーズ事務所のCSやばくない?

csとは顧客満足のことである。

参照:https://kotobank.jp/word/CS-3862

 

企業は顧客満足のために動くべきだと思ってる。だけどさ今回のことがあってわかったんだよね。企業のCSがいくらゴミでもそこに置いてある商品が良ければ結局売れてしまうんだよね。企業は嫌なんだけど商品がいいから買う。だからタレントは馬鹿みたいに働かされるし、融通はきかないし、辛くなって、楽しかったはずの仕事が楽しくなくなって、だんだんストレスになってやめてしまう。悪循環がずーっと続くんだけど、やっぱりジャニーズブランドは永遠に売れていくんだよね。

 

みんなそうでしょ?バックが欲しいならGUCCIを買うし、財布が欲しけりゃLOUIS VUITTONを買う。それと一緒。好きな芸能人はジャニーズ事務所の所属タレント。全部おんなじこと。

 

これ普通の企業だったら訴えられるレベルだからね。だけどさ自担さえ売れてれば、仕事があれば、こうやって解散に追い込まれるグループがあっても一時の悲しみと、自担を大切にしなきゃって気持ちを持ってても忘れてしまうんだよね。いつの間にか。気づいた時にはもう遅いパターン。

 

今はアイドル戦国時代って言われてる。そのずっと前は黄金時代だった。

アイドル戦国時代か。なんか考えてしまうよね。すごくすごくみんな仲がいいのに、中ではいろんな戦いがあって。それはタレント同士だけでなくファン同士でもそうだと思う。ジャニーズJr.を応援するってそういうこと。みんなが推されるわけなくて。それはグループ間ではもちろんそうなんだけどグループ内でも推され、干されがあるし。同じグループの〇〇くんはすごく映るのに、自担は全然映らない。悔しい。次頑張ろうなって。伝わらないことをただただひたすらにSNSに綴った。前より少し映れば嬉しいし。現場があれば安心できるし。でも現場があっても出番が少なければまた不安に駆られて。その繰り返し。

 

需要と供給だってもちろん自分もわかってるつもり。だけどやっぱりそれをあからさまに提示されると悲しくもなるし、辛くもなる。

 

 

ラブトラシンメは語り継がれなければならない事実。スノスト、ラブトラ。本当に最強で最高だったんだぞって。きっとこれ以上最高なグループ出てこないと思う。今のところね。時代が変わればまた変わるんだろうけど。

 

ラブの分まで頑張ろうな。戦国時代みんなで勝ち抜こうな。

 

いつかまた宮近くんが、うみが、

“今日はあらんとお肉食べに行ったんだ〜!お肉がたくさんあるお店行った!”

“美勇人くんとたまたま時間があってご飯に行きました!”

“今日はみんなの時間があったのであらんと宮近と久し振りにご飯に行ったよ〜!“

 

って報告してくれる美しく、楽しい世界が舞い戻ってきますように。

(あっ、これ完璧にヲタクのエゴでしかなかった。)

語彙力がない自担でも楽しいことはわかるからそれだけで私は幸せだ。

 

きっとうみはあらんくんとずーっと連絡取るだろうし、宮近くんは何か困ったことがあれば一番真っ先に美勇人くんに報告すると思う。そんな存在であって欲しい。永遠に。

 

事務所変わったからって、大好きな親友が一般人になったからってそこは変わらないでいて欲しい。

 

一緒に電車に乗って、この電車よくレッスン行くとき乗ったよな。って笑いながら話して欲しいし、よくこの店行ったよな。じゃあ今日この店行こうかって、あえて昔よく行ったハンバーグ屋さんに行って欲しい。

 

そして何よりも幸せであってほしい。

今日金欠だなぁって思って入ったレストランが実は1周年で全品半額だったり、たまたま入ったラーメン屋さんが替え玉無料の日だったり、いつもより乗り換えがスムーズで家に少し早く帰れたり。そんな時は小さくガッツポーズして喜んでいいんだよ。小さな幸せがやがて大きな幸せになるから。

 

今までファンをメロメロにして、喜ばせてきたLove-tune、少しは自分の人生の休暇と思って休んでほしい。まだまだ長い人生だもん。お休みも必要だし、楽しいことして気分転換してほしいです。

きっと自担じゃないから言えるんだと思うんだけど、でもこの事務所に入ったこと後悔しないでほしい。たくさんの仲間、先輩や後輩、そしてファンに出会えたこの世界にいたことを忘れないでほしい。

 

今よりきっともっと輝く未来が待ってますように。おやすみなさい。

 

自担初外部舞台を大成功収めた話。〜大変よくできました〜

改めて、宮近海斗くん、七五三掛龍也くん、中村海人くん、いまを生きる DEAD POETS SOCIETY 

千秋楽おめでとうございます。

 

初日から18日、24公演駆け抜けてくれありがとう。沢山の思い出と幸せをありがとう。あんなに大きな会場で、芸術の代名詞とも言われる劇場に行く機会を与えてくれてありがとう。

 

外部の舞台の厳しさも実感したし、厳しさもわかった反面、自担がこんなにもできるんだってことを改めてしれたし、演じることがこんなにも楽しそうな自担を見れて幸せだったし、自慢の自担です。(贔屓目、過保護め)

 

初日迎えるまでテキストを見ると不安そうでこっちまで不安になった。あんなに不安そうなうみを見たのは初めてだった。

 

俺はなにもできない子供か?

って言ってた。いつもヘラヘラしてるように見せて影でめちゃくちゃ努力するタイプの人間だからこそ時間がないって焦ったのかな?1人で練習する時間なんてないし1人で練習したってそんな時間無駄。やるならみんなでやろって声かけてくれた宮近くん。やっぱうみのことわかってくれてるよね。わかりすぎてるよね。

 

海人の校歌はぼやきにしか聞こえないよ。

こんなことを宮近くんに言われてたけど、歌ちょっと苦手だもんね。ドキドキしてた初日、ちゃんと歌いきっててカッコよかったよ。歌詞間違えちゃった日もあったけど、舞台は生物。そんな日もあるよね。

 

チキンハートな海人は稽古初日の朝”一緒に行こ…!”って俺(しめ)にメールしてきたんだよ。

なに、可愛いところあるじゃん…!相当緊張してたんだね(T_T)しめも緊張してて稽古場に行くまでの道間違えたとか2人して可愛すぎるしめんちゅ😣

 

正直ひとりのほうが集中できるかな…全キャストの中で自分が一番できないこと知ってるから誰かに見られてるとまた恥ずかしさがでちゃうもしれない。

(T_T)

こんなに苦労してキャメロンを演じてたんだね。初外部で、しめと宮近くんは外部を経験してるから余計1人で不安だったんだなって、このテキストを読んだ時雑誌でこんなに苦労を語ってくれるうみが本当に愛おしかった。キラキラしたアイドルの部分だけじゃなくてこんだな俺は苦労してるんだぞって。努力してる姿を伝えてくれるアイドルってなかなかいないから本当に嬉しかったよ(T_T)

 

俺も何かやらかすたびに”メンバーに恥かかせてる!”って思っちゃうんだよ。

ってしめちかのことを気にかけてるうみとは反対にしめは”気にしないでよ!おれは楽しそうだな〜って思って見てたよ”って。(笑)真逆しめんちゅ(笑)そんなしめの心の広さというか器の大きさというか。そんなところにうみは何度も助けられてるんだろうなぁって思ったらしめんちゅ愛おしすぎるって😔

 

グループに帰って"なにも変わってないじゃん”とだけは言われたくない!ダンスは頑張った分だけ上手くなる。お芝居もそうだと信じて精一杯がんばるよ。

うみの弱音吐いた後の頑張る!っていう決意がすごく心強くて不安を一気に吹き飛ばしてくれた。いつでもトラジャのために。トラジャに還元できればいいな。って考えながら1つ1つの仕事をこなすうみがかっこよくて、誇りで、そんな風に思えるメンバーがいて羨ましい。

 

稽古場に行くのに足が重い時があります。

ただひたすら辛い…あの演技の裏にどれだけの苦労と血の滲むような努力があったんだろうって考えただけで涙が止まらない。キャメロンを嫌な奴に演じたくない。キャメロンは嫌なだけな奴じゃない。うみなりにキャメロンを丁寧に綺麗にどこか切なく演じていて、等身大の21歳の中村海人くんが舞台のすぐそこにいて。

 

 

彼は自分ができてないことをできてないって言える強さを身につけてて、できないことを認める強さを持ち合わせていて、アイドルといえどこの年代の男の子だったら恥ずかしいことは公の場で言いたくないと思う。だけどしっかり自分のことを分析していて。すごく大人だなって思った。

 


21歳の中村海人くんが、”このカンパニーで自分が一番できないことはわかってるから”って弱音を吐いてて。そんなこと言うのってやっぱり恥ずかしいだろうし、ファンの前でそんなこと言いたくないだろうし。でもそれを言える中村海人は本当に強い男だと思った。

できないことを認める強さって、普通に生きてても難しいから。

 

 

21歳の等身大の男の子、中村海人くんとして考えた時に周り見渡しても21歳の男の子なんてそんなこと言える人なんていない。どこ見渡してもいなかったよ。

いろんなことを学んで、いろんな人を見て、学び続ける中村海人くんはもはや天才だなぁと。

 

ジャニーズって本当に強いんだよね。事務所が、グループが。もちろんそうだよ。だけど個々の力がものすごく大きくて強くて迫力がある。その力がグループに合わさることでまた強大な力になって周りの人を巻き込んで行く。

 

ジャニーズの舞台しか経験したことのない人間が外部の舞台になぜ抜擢されたかわからないけどうみにそのチャンスをくれたこと、うみがしっかり役にのめり込んで演じてくれたこと、そしてこのタイミング。全ての歯車が一致したこの機会に感謝します。

 

外部の舞台も、自担の初外部も、自担の舞台を見るのも初めてだったけど本当に幸せでした。

 

また中村海人くんに是非外部の演技のお仕事ください。

 

きっと、彼なら最後までしっかりやりきります。

 

 

忘れないうちに。〜DREAM BOYSの玉森くんが進化し続けてる話。〜

DREAM BOYS 2018 幕、下がりました。

まずはお疲れ様でした。

DREAM BOYSというカンパニーの良さが伝わったそんな公演だった。それもきっと玉森くんの人の良さが人を引きつけて良いカンパニーになったのかなって贔屓目なしに見ています。

 

座長5年目。

座長って響きが似合わなかった、内容変えられて”玉森くんが座長やるから内容変えたでしょ!”って怒ってた2013年。やっと本来のドリボ座長だと言えるような内容だった2014年。初のW主演でたくさん比べられて苦しくて辛くてその上ツアーと丸かぶりだった2015年。そしてやっとロングラン公演成功させて、他担になにも言わせないくらいの演技ができた2016年。そして今年。

この5年間の中だけでたくさんの思い出と思いが詰まってた。いつになったら滝沢座長や亀梨座長のようになれるんだろうって思ってた。やっぱり玉森くんじゃダメなのかな?って考えたこともたくさんあった。何で玉森くんの努力を誰も見てくれないの?なんで節目の年に…って、思うこともたくさんあった。

 

単刀直入に言うと今年のドリボもかなり内容というか、コンセプトが変わってて。

“座長って玉森くんだよね?”

って感じでした。出る幕少なくて割とJr.の方が出てる気がして。

 

OPまずネクドリフライングなし、玉森くんの爆イケベンチシーンなし、千賀、宮田ソロ曲変更、名物の通路演出なし、ショータイムなし。

ドリボといえばこれ!ってもの全部取っ払ってた。これが玉森くんが求めてたドリボなのかはわからない。

 

最初の10分くらいはJr.のための演出って感じだったんだけど、やっと出てきた玉森くんはキラキラ輝いてて、大人の男で、全力でユウタを演じてて、誇らしかった。玉森くんすっごいカッコよくて。座長が似合ってて。帝劇0番を自分のものにしてて。それがものすごく誇らしくて。

 

使われてる曲とかは変わったりそのまま残ってたりしてすごく玉森くんも玉森くんなり進化させたいのかな?って感じ取ることができた。もう5年目だもんね。座長5年目か…正直全然想像もつかない。玉森くんが帝劇の座長って考えられない。ずーっと座長の後ろにひょっこりついていってた玉森くん。滝沢くんや亀梨くんの後ろでひょっこりこじんまりしてた玉森くんが今やカンパニーを支えて考えて束ねる役目を背負ってるなんて考えられない。

 

玉森くんの演技もめちゃくちゃ上手くなってて、映画やドラマの主演で鍛え上げられた演技力侮れねえ。とか思ってたら千賀の演技も迫真の演技で今年の千賀怖えみたいな(笑)

 

みるみるうちに上手くなってく演技と表情の作り方。あの頃からは想像もできないような玉森座長のみんなに対する気遣い。そしてそんな玉森座長だからついていこうと思ってくれるカンパニー。そんな関係性が昔からは想像できなくて。

 

昔の玉森くんはどちらかというと控えめで誰かがやってくれれば自分はやらなくていいや。みたいな多少投げやりな感じがあったなぁって個人的に思ってて。でも今は自分がやらなきゃ!とか、自分になにができるのか。ってことを常に頭に入れてて年を重ねるごとに味方が増えて行く玉森くんを見てると本当にファンだけじゃなくて共演者の皆さんとかスタッフさんにも愛されてんなぁって。

 

玉森くん自身、俺はなにも変わってないよって言ってるけど私から見た玉森くんって確実に何かが変わってるし、意識にしても仕事に対する態度とか熱意1つ取っても、昔からは想像できないくらい大人になってて。当時小学生だった私が”玉森くんやる気あるの?”って言ってたくらいだからね(笑)(本気で申し訳ない。上から目線すぎて。)

それは、いい方に変わってて決して玉森くんが個性を消そうとしてるネガティブな変化ではなくて。確実に成長してる。成長しようと努力してる姿が垣間見れる公演だった。

 

14日のお話でもしましょうかね。

毎年恒例の宮田くんの誕生日公演に行ってきました。(すごく遅くなりましたが宮田くんお誕生日おめでとうございます!)

 

私が行った昼公演、観覧にわたたい、少年たちに出演してるスノストから何名かきてて。

宮田くんの誕生日みんな来てくれて幸せ者だなぁ。豪華だなぁ。なんて呑気にしてたら幕下りだあと玉森くんが今日は宮田くんの誕生日ですね〜!て言ってくれて(その前にも紫吹淳さんや猪狩くんが宮田くんのお誕生日をアドリブで祝ってくれてたんですけど。)

幕が上がりわたたい+ Jrでケーキ持ってきてくれて。宮田くん大喜び。ちょっと照れながら喜んでる姿が幸せだった❤︎

 

わたたいからの誕生日プレゼントは等身大くらい大きいクマのぬいぐるみ。宮田くんにぴったりな可愛いプレゼントだった🎁

 

そんな時玉森くん、座長の顔じゃなくて”キスマイの玉森裕太”の顔してて。ユウタを演じててもやっぱりキスマイの中では二千玉は末っ子だし、まだまだ何歳になってもお兄ちゃんたちに甘えたいんだなぁって思ったらすごく可愛かった。゚(´>_<`。)゚。

ドリボでは率先して真ん中に立たなきゃいけない人間だしたくさんのJr.を引っ張って行かなきゃいけない存在だから気を張ってるんだろうね。一歩後ろに引いてみんなのやり取りを笑いながら聞いてる玉森くんは紛れもなく玉森裕太だった。

キスマイにいるときはトークもみんなに任せっきりだもんね。そんな玉森くんも愛おしかった。

 

今年は高橋優斗くんと玉森くんが挑戦者を歌うんだけど、最初ゆうぴが歌ってて途中から玉森くんでてくるんだけど、玉森くんが出てきたときのオーラと貫禄がすごい。もう出てきた瞬間からダイヤモンドが飛び散るんじゃないかってくらいキラキラ輝いてて、昔からは想像つかないくらい貫禄があってあの貫禄はどこから出てくるの?(笑)

 

宮千玉の赤いお揃いの衣装もかっこいいし。いつものOP衣装はなかったけど玉森くんにぴったりの帝王感やばすぎる衣装に終始見ほれてしまった。

 

玉森くん、玉森くんすごくキラキラ輝いてた。でもどこか変わってしまった玉森くん。変わってないよって言うけど玉森くんはいつもプラスに変わっていってる。昔みたいにみんなの間からひょこって出てくるかわいいアイドルなところも、あんまりおしゃべりが得意じゃないところも昔と何1つ変わってないけど、今ではキスマイのセンターになってしまって出ずっぱりだし、喋りが苦手なのにちゃんと喋ろうと頑張ってるところもすごくプラスに変わってるんだよ。

 

たくさんのファンがいて。その中の私は1ファンでしかないけど。それでもやっぱり玉森くんが好きだし遠くに行ってしまった玉森くんの背中だけを追いかけることしかできないけど、昔は大きくて大きくてかっこいい背中が今ではとっても小さな背中に見えます。それもたくさんのファンが応援してくれてる証なんだなぁとわたしはしっかり影から見守ります。

 

かっこいい玉森くんが好きだし、可愛い玉森くんが好き。プロ意識高くて、弱音を吐かない玉森くんが好きだけどもっとファンを頼って欲しいです。玉森くんのことだから無理だと思うけどもう少しファンを頼ってもいいんじゃないいかな?

 

お疲れ様でした。

そして…ありがとう😊

 

Travis Japanはなぜ少年収にでないのだろうか?〜永遠の謎。解決しそうでしない負のスパイラル〜

素朴な疑問です。

”なぜTravis Japanは少年収に出ないのだろうか?” 

 

今までは

今月はコンサートのリハ忙しいからだよね!とか。

今月はサマパラからはあるからだよね!とか。今月はサマパラせっかくの休演日だし束の間の休息だよね?!とか。

 

いろんな口実をつけては自分を納得させてきた。こんなこと今だから言えるんだなぁと思うけど。実際そんな軽い感じに思ってたし来月は出るかなっていう淡い期待を抱きながら今月もいない、今月も。今月もか…だんだんいるかな?って期待より、今月もいなそうだなぁ。という予想に変わっていって。

 

宮近くんがいつかの連載で言ってたなぁ。

あと、皆さんにお願いというかなんというか、いつも僕らが出演させていただいてる歌番組も毎月出られるというわけではないんです。

(中略)

皆さんからも僕らトラジャが見たいとかこんなことしてほしいとか要望を送っていただけるとパフォーマンスや喋れるシーンがもっともっと増えるのかななんて思ったりもしてるんですよ。(笑)

 

正直タレントにこんなお願いをこんな形でされること、今までなかったから驚いたし自分たち自身もやっぱり何か勘付いてたのか。と少しショックだった。何よりもこんなこと言わせたくなかった。

 

美勇人くんや顕嵐くんがいた時はこんな感じじゃなくて普通にコンスタントに出れてたし、やっぱり事務所も番組も需要と供給のバランスを考えてるのかもしれない。そんなこと関係なしにファンは自担を見たいわけで。

 

今のTravis Japanが需要あるとかないとかそんなことじゃないんだけど、でもそんな風に考えさせられるようなあからさまな出演なしとかだとさすがにこちらも考えるし、いくらタレントに頼まれようがこれって意味あるのかな?なんてたまには考えたりする。

 

Travis Japanのファンって超大人しいの。いい意味で言うとおとなしい。でも言い方変えれば自己主張ができないというか、なんというか。全体的にコンサートでもメンバーが盛り上げてくれても何となく盛り上がりに欠けてるっていうか。ワンテンポ遅れたレスポンスになってしまうと言うか。(それがいいとか悪いとかじゃなくて、言い方悪いけど他のコンサート見るとやっぱり差が出るおとなしさ。)

SixTONESは本当にすごい。言わずともわかるだろ?と言う威圧してるのか?こいつらは。と言うのような団結と声量。

 

少クラとかでは正直そこまで感じないけど、やっぱりあの出てきた瞬間の場内の歓声の大きさや盛り上がりだって多少は出演どうのこうのって関わってくると思うんだ。

 

YouTubeの再生回数1つ取っても。同世代で活躍してるSixTONESはある曲の再生回数は200万回超えで対するTravis Japanは100万回に満たない。とか。スノとトラジャで毎回再生回数を比べあいっこしてる感じでストは1つ上の山を登ってる感覚。目に見える数字って本当に怖い。

 

10月のいまを生きるとえび座だってつくメンバーが2つに分かれてるから稽古あるし大変だと思うけど。でもメンバー達がみんなに見てもらいたいって思ってるならきっと忙しい<<<<<<少クラに出たい!!って気持ちの方が強いと思う。

 

きっとあの時宮近くんが伝えてくれた。

“このままだと本気で俺らのこと少クラで見れないぞ”

という気持ちとその反面

“俺らだって他のJr.と同じステージで歌って踊りたい。輝きたい。だから力を貸してくれ!”

って言うタレント側からのお願い。唯一彼らがファンに伝える術ってこれしかないから。タレントの本気を見れた気がして嬉しかった。

 

ファンも大人しいけどトラジャだってだいぶ大人しいじゃん。宮近くん以外こうやってこの現状を声にして言ってくれる人っている?いないんだよね。みーんなとっても優しいの。優しくて普段の自分のこと、普段のみんなのこと、ハマってること、好きなこと。そんなことを発信してくれる。たくさん写真を載せてくれてなんの仕事したかすぐわかる。後からわかったりもして”この写真はこの時の写真だったんだ"って答え合わせができて本当に楽しい。幸せ。優しくて楽しいことだけを発信してくれる。でもこの間宮近くんが”自分が伝えたいこと”をしっかり発信してくれたおかげで楽しいこと、嬉しいこと、そんなことばっかりじゃなくてタレント側からの要望を聞くのも大切だなって。

ファン同士でくよくよ考えてるよりよっぽど納得できるし行動に移せる。

そりゃ、そんなことできないファンの子だって年齢的な問題とか色々あったりするけども。

でも発信してくれることによって今どんな現状なのかが少しだけわかった気がした。

 

私はこれまで以上に動かなきゃダメなんだって知ったし、若い子達に押されるだけのグループってダメだなって。こちら側から動くのはもちろんだし、要望をしっかり聞いて何をするのが最善の行動なのかって言うのをしっかり追求していかなきゃいけないなって身をもって感じた。

 

寂しいんだよね。トラジャが、自担がいない少クラ見るのって。唯一歌って踊ってるところをみれるのってここしかないから。

 

やっぱり色々理由をつけていなかった部分の穴埋めをするのって少しだけ辛くて少しだけ切なかった。

 

今月まだ3回収録あるし。年内放送分は2回あるから最善を尽くしてトラジャに披露してほしい。

 

それが今の私の願いです。

 

 

 

備忘録〜私的初の単独で思った事。そして一生忘れたくない感情を忘れないうちに。

先日Travis Japanの単独公演に行って来た。

チケットは持ってない。申し込み始まった時はまだ行こうか迷ってた。日程的にも厳しかったし今回は見送り友人に名義を貸した。

 

それがここまでハマるとは。おそるべしTravis Japan

 

私の推しは中村海人。生粋のひも。そして超がつくほど努力家。そして超かわいい。そして超かっこいい。意味わからないくらいバカ。でもちゃんとメンバーのこと、ファンのこと考えてくれてる。ちゃんとやる時はやる子だし意見もちゃんと出せるこ。メンバーによると

”海人意見出してくれること多いよね〜。”

って言ってた。(媒体は忘れたが。)

だからちゃんとジャニーズJr.してるんだと思う。

そして歌がなかなかうーん…という感じでダンスはうまい。超うまいわけではないがうまい。前髪が汗でビチャビチャになっちゃうところもポイント。トラジャのダンスの激しさは中村海人の前髪でわかる。(突然のディスり。)(自分でもハゲのサラブレッドとか、ハゲちゃうって言ってるからもうなんでもいい。いじれるだけいじる。)

 

そんな君は怪我をした。

怪我をしてるなんて一見ステージ上ではわからないが、言われてみればわかる。暗転した時の左足のかかとをあげながらすり足にしてるところとか、MC中しずやくんの肩に寄りかかって左足休めてるところとか、要所要所でなんとなく伝わって来た。左足をかばうから右足も痛くなっちゃう。バカなんだよなぁ…

 

8/24に更新されたストのYouTubeでそれが明らかになった。この日はトラジャとストが合同で”外苑の花火大会、遠くまで綺麗にどちらがとれるか!?”という企画だった。(この企画は本当に謎の企画すぎた。だが、浴衣が可愛いから許した。)

23日木曜日に更新されたトラジャのYouTubeでは映らなかった中村海人の裏側がストのYouTubeで明らかになった。

 

ラストの結果発表の時足を引きずりながら歩いてる姿を確認した。

公演2.3日前くらいに怪我したのかと思ってたけど割と前に怪我してたんだ…。

外苑の花火大会は2018.8/11に行われていた。なのでその日にはもうすでに怪我をしていたということになる。

 

悔しかったんだ。きっとうみのことだから怪我しててもガシガシ踊りたかったけどもう本当に限界だったんだ。限界って言いたくないけど、ドクターストップでもかかってたんだと思う。

18日昼公演に怪我してしまったことをファンに伝えてくれた。

”ほんとすみません。足痛めちゃいました。でも、精一杯頑張るので今日はTravis Japanと一緒に楽しみましょう!”

声は明るいのに、その表情はなんか寂しそうで今にも泣きそうで。正直私は悔しかった。初めての単独公演、すごく楽しみにしてたのになんで?って。

OP終わって、たしかに足は引きずってるけどちゃんと踊ってたから余計に。2曲目終わって3曲目のパラダイス銀河ではけた。意味がわからなかった。結局最初の4公演は全体の40%くらいしか出演してなくて。

 

18日夜公演ににぃにが観覧に来た時宮近くんが

”リハ中に足を痛めてしまって”

って言ってた。そうか、リハ頑張って足痛めてしまったんだ。少しだけ心の中で消化した。

 

だけどサマパラの裏側公開のYouTube中村海人

”足の裏、切っちゃいました!”

って言ってて結局なんなの?どうなの?切ったの?捻ったの?真相はわからないまま。

 

21日昼公演では冒頭の踊れるダンスが増えていた。

(踊れるじゃん…!)

ほんと今考えると最低な自分。痛いのに努力して踊ってくれてたのに自分の欲望だけでこんなこと言ってしまう自分。

MCや、暗転してる時すごく痛そうだったし、走ることもなかなか厳しいみたいで、早歩き?のような感じだった。

 

でも私、もしかしたら初の単独でこの状況を味わえたことってむしろありがたかったのかなって公演が終わってから気づいた。

いつもバックで踊ってる子たちがメインで出るコンサート。当たり前のように出るとは限らない。それを改めて知れた。

 

初日は本当にどうなることかと思ったし、不安だったし悔しかった。6人が6人のパフォーマンスを成立させようと頑張ってるその努力すらが悔しかった。うみだって、今まで一緒にリハ頑張ってたのに…!って。だけどそれは違って。うみ以外の6人だってうみのこと思いながら踊ってくれてた。6人の心の中にはいつもうみがいた。誰よりも努力家だからみんなうみが復活するのを待っていてくれた。だから復帰した時うみもちゃんと6人の元にスッと入れたんだと思う。

 

紛れもなくTravis Japanは7人でTravis Japanだったし、うみの居場所を取っといてくれたのは紛れもなくしめちゃんだった。もちろん他の5人だってそう。

 

痛かったら痛いってわがまま言えばいいし、だけどそれを言ったら遅れを取るのは自分だってわかってるからなかなか言えないんだよね。

そんな努力家で我慢強い中村海人が大好きだ。

 

今までは中村海人くんのどこが好きなの?って言われたら、バカで天然で可愛くてかっこよくて努力家なところって、ただ表面上のことしか言えなかったけど今なら、その上我慢強くて人一倍頑張り屋さんで、直ぐ悔しがる子で、周りが見えて、空気が読めるスーパーハイパージャニーズJr.なところかなって言うと思う。

 

中村海人って最強なんだ!!

中村海人くんに幸あれ。

そしてTravis Japanのこれからに幸あれ。

 

夏、開幕。〜激アツな夏だった話。〜

Summer Paradise 2018 Travis Japan 8/18~24

ずーっと楽しみにしてた単独コンサート。

私にとっては初めての単独コンサート。

会場にいるのは紛れもなく輝く7人で、そんな素敵な7人を堪能できるんだって楽しみだった。いや、実際楽しかったし。

 

18日昼公演初日。

ドキドキしながら中に入った。席はまあまぁ。初日だから様子見ようね。なんて友達と言いながら、今回需要度の高かったアクリルスタンドも買えて満足しながら開演を待っていた。

スト公演で今年のサマパラの曲聴いてたし、ストの時に”あの”ダンスを見て

きっと

トラジャだったらもっと揃っててかっこよく仕上げてくるんだろうな〜!!(ストに失礼。)

なんて、自分の中でちょっとだけハードル上げて見たりして。

 

13時。幕が開いた。そこにいたのはキラキラした7人。

1番に目に飛び込んできたのはキラッキラしたひとみのギラギラ光る金髪の可愛いうみくん。あれ?なんか座ってるけど?

なんて思いながらひたすら双眼鏡でうみたんだけを追ってた。(自担盲目人間なので他の人全く見てません。ごめんなさい。)

最初の煽りでうみが喋り出したんだよね。

 

”最初に言っとくことあります。みんなほんとすみません!足、痛めちゃいました!!でも、精一杯頑張ります!!みんなで楽しみましょう!”

 

って。すごい明るい声で、明るい笑顔で。その明るい笑顔の裏には悔しさが滲んでた。

今思えば言うのもきっとすごい悔しくて言いたくなかっただろうし、言うのもうみのことだからすごく戸惑ったと思う。

こんなこと言ったらファンのみんなはどう思うかな?って考えるのが心の優しいうみの考えることだろうから。

 

でも、えーっと。さっきまでサマパララ(人は勝手に今年のサマパラ課題曲をサマパララと呼ぶ。)踊ってたよね?たしかに、段差に座ってたけど…?たしかに足元見ると、左足、膝曲がってるしなんか足引きずってるんだよね。

 

私馬鹿だから

あ〜痛いんだ〜まじ気をつけろよ〜

なんて思ってた。

事態が深刻になったのはそのあとだ。2曲目出てたのに3曲目パラダイス銀河冒頭いたのに消えた!?

いない!!!!

まって!?自担は!?自担どこ!?Where is 自担!!!!

その後もずーっといない。どこ探しても、双眼鏡レンズ取れるまで探してもいない!!!!

 

やっと出てきたのは6曲目の『Happy Groovy』

しかもいつもと衣装違ってLock Lockの衣装ではないか!!(この瞬間私は勝手に次はLock Lockだ。私が1番聞きたかったLock Lockしめしめ。なんて思って、足の怪我なんてこと忘れてた。)

YouTube再生しまくって覚えたC&Rのはぴぐるが終わり、スパノバでうみくんが唇ペロってやってるの見て勝手にToxxxic懐古してみたり。

Lock Lockのイントロ流れたけどあれ!?6人?いつの間に!?誰が消えた!?え!?我が自担!?は?まって足怪我したってこれ相当やばいんじゃないか!?(この時点でやっとうみの足がただの怪我ではないことがわかる。私。遅いんだよ。)

うみの足の怪我、なぜこのタイミング!?ってのと横アリ単独満足いってないからってサマパラ意気込んでたうみくんの顔が脳裏に蘇って、悔しくて悔しくて涙が止まらなかった。

Lock Lockでいつもしめんちゅでやってた頭わしゃわしゃする振り付け(私の大好きな部分)はしめちゃん今日は1人センターで頑張ってた。でも、なんか物足りなかった。見慣れた景色ってのはそう簡単にハマらないもんなんだね。

でも6人は6人の今の、今できる、今見せるべき、今ファンに見せることができるTravis Japan を完璧に成立させようとしてて、それを見てまた悔しくて。7人のフォーメーションあるじゃん!なんで!?って思いながら見てたけど。裏でこの6人を見てるうみくんどんな表情をしてるんだろう?とか、どんな気持ちなんだろう?とか、足怪我してうみちゃんどう思ってるかな?とか色々考えたらLock Lockは直視できなかった。

ほんとに悔しかった。楽しみにしてたから余計に。こんなこと言っても1番悔しいのは本人なんだからこんなこと言ってはいけないんだけど。わかってるんだけど…

 

まつくの歌から始まる夢ハリ。夢ハリか〜夢ハリも出ないのかな〜なんて思ってたら夢ハリはちゃんと出てくれて。タップダンスのところはのえるくんと松松がやってくれたものの他の部分は全部本気で踊ってていつものうみの全力パフォーマンスと全然変わらなかったよ。これがプロ意識なんだね。当たり前に出れるってことがどれだけ凄いことなのか改めて実感した。

 

でもだんだん痛くなってきたのか、ミスしてしまったり。やっぱりいつもの本調子ではなくて。

 

MC。ここまで怪我したって公表してくれてるんだから理由は話してくれるのかな?って思ったらいつものうみちゃんのペースでかみかみで、ゆったり全然違う事話すんだもん。いやでも楽しんじゃうじゃん。結局この昼公演ではうみちゃんの足の怪我について聞くことはできず。

 

MCの販促はいつものうみちゃん節。

アクスタの販促してる時多分全人類が思ったよ。

 

金はあっても買えねぇんだよ!!

って。(笑)

 

トリプルカイトは割とガシガシな曲踊っててうみたん唯一踊るはぴぐる、夢ハリ、DWM、トリプルカイトのためにほかのダンス曲パスしてんのかなぁ?とか。

踊る曲は今回すごい少ないけど、出番もほかのメンバーと比べてめちゃくちゃ少ないけど、出てる時はかっこいいかわいいアイドルを忘れないうみたんだし、ダンスは怪我してるなんて思わせないくらいガシガシ踊ってくれたね。

でも暗転すると足引きずってるんだよね。痛そうでみてられなかった…

 

宇宙に行ったライオンの

“俺はこんなもんじゃねーと 涙を堪え叫んだ ガオー!!”

いつもの俺はこんなもんじゃねえんだ!!って感じで顔つきもそうだし血が出そうなくらい拳握りしめてるところも本当にかっこよかった💚

 

ラストEDの時

“この借りは絶対返します!ほんとにごめんなさい!”

って言ってくれたうみくんはどこか寂しそうで、悔しそうで、ほんとはこんなの見せたいんじゃねえよ。って顔してたな。

 

 

18日夜公演

 

やっぱりうみたんは調子が悪そうだった。

でも昼公演よりダンスにはキレがあった気がする…?

MCでは相変わらず販促。

とらびすぢゃわんのはなしから

“兄弟がもし5人いたらお茶碗6こは必要だよね!”

えーとまってね。5人兄弟だったら普通5個だと思うんだけど。と思いながらわかったよ。買うよ。とか独り言いってた。(ただの病気。)

 

でもしゃがんだり移動したりするのは超痛そうで足引きずってたなぁ…😵

 

夜はにぃにが観覧に来てくれて、Kis-My-Ft2二階堂高嗣こと、にぃに)MCで紹介された。

 

トラジャ:にぃにっ!にぃにっ!にぃにっ!にぃにっ!/

 

トラジャのにぃにコールがファンに伝染して全員で。照れるにぃに。かわいい!!!

 

二:曲の最初の煽りの時に中村が謝罪するって。謝罪から始まるコンサート俺みたことないよ。(笑)どーしたの?その足

 

中:ちょっと怪我をしてしまいまして。(笑)

 

二:みんな知ってんの?理由

(知らない〜!!)

二:みんな知りたいよね〜?

(知りたい〜!!

宮:中村はリハ中に足をひねってしまいまして…

 

あー、足ひねったのか。足ひねっただけであんな引きずるのかな?って疑問を持ちながら。

本当に足ひねっただけなのかなぁ?

 

19日昼

 

エンディングうみが挨拶する時

今回は本当に出れない曲とかたくさんあってごめんなさい。遠くから来てくれた人とかもいるのに。本当に悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて、裏で泣いてるんですけど、でももう絶対こんな悔しい思いしないように怪我しないような私生活送ります。

 

口下手なうみたんが、ちゃんと自分の言葉で自分の口から悔しいって言ってくれた。この悔しいの一言が聞けただけで心が楽になった気がした。悔しいって、思ってたんだ。

裏で泣いてるんですけどって言った時みんな笑ってた。だけどあの時のうみの表情忘れられない。泣きそうな、本当に悔しそうな、今にも泣きそうな顔だった。本当に本当に悔しいんだなって伝わったよ。

昨日までの自分殺したい。そしてうみにちゃんとあやまりたい。ごめんなさい。心の中ではわかってても、やっぱ出て欲しい曲とかたくさんあった。怪我は仕方ないけどそんなこと言われたくないのもわかってるし。

“借りは返します”

ずーーーっと待ってるよ。゚(´>_<`。)゚。

 

永遠に忘れられない力強い言葉が聞けて本当に幸せだった。

 

19日夜

 

心が楽になった状態で会場入るってこんなに楽なんだ。楽しいんだ。やっとちゃんと直視できた曲がたくさんあった。開演前の時間も無駄なこと考えなくていい。あそこは本当はこんな感じだったのかな〜とか。本来はこんな感じなのかな〜とか。

 

幕が開いた。中村海人がいつものキラキラした輝きを増した中村海人になってた。なんだろう。自分の中で出れない曲が多いことに対しての他のメンバーやほかのファンのみんなに劣等感を抱いてたのか。なんか楽しめてなかった自分がいた。それはうみが好きだし、大好きだし、どちらかというと自担盲目タイプな人間だから、今回出ない曲がある時本当にどうしていいかわからなかった。(ユニットは別。)

だけど、うみが言ってくれた。”悔しい”って。その一言に詰まった思いって果てしないと思う。まずは自分が1番悔しい。大好きなステージに立たなくて悔しい。それをファンに見せられなくて悔しい。この日のためにどれだけリハを積んだかわからないくらい毎日努力してただろうし。足の怪我によってそれを見せられないんだもん。全力のパフォーマンスができないんだもん。そりゃ悔しいよ。悔しいよりもっと的確な言葉はあったかもしれないけど、うみの語彙力の範囲では悔しいしか出てこなかったかもしれないね。そんなところも好きだったりする。

 

ちょっと自分の中でうみの出番がここだ!ってわかるようになったからか、うみの悔しさを素直に受け取って楽しもうと思ったのか、うみが出てる時いつもよりガシガシに踊れてる気がしてた。贔屓目に見てるだけかもしれないけど心なしか4公演目が1番ガシガシに踊ってた。足大丈夫?って思ってしまうくらい。

 

サマパララの時点で激しく踊り過ぎてイヤモニ取れてたし。大丈夫だったのかな?

 

トリプルカイトの出番の時も今までに1番激しく踊り過ぎてメガネ落としてメガネの周りについてる電飾取れちゃって萎えてたし。(うみのメガネだけありえないくらいゆるいなぁとは思ってたんだけど。案の定落としました。)

 

でもそのくらい激しく踊ってくれるのがうみらしくていいよね!!!少しだけ復活したのかな?なんて思ってしまう自分がいた。

 

21日昼(休演日開け)

 

20日の休演日少年収があった。トラジャは出なかった。まぁ、そうだよね。うみ、怪我してるもんね。少クラ出たいってちゃかまるで言っててたくさん要望送ったんだけどなぁ…でもやっぱり無理だよね。だってコンサートの時点でうみ足怪我して割とたくさん出ない曲あったりしてるし。

と思いながら入った公演。3バルだった。初めて上の方で観れる!今日は1番上に上がってきた時うみはいないけどみんなのこと近くで観れるっ!って思ってたら、パラ銀で下手の階段上がってからうみがみえた。ちょっと待って?いつもパラ銀始まったらはけてたよね?え?なんで?のえるくんとうみが楽しそうに2バルの階段で喋ってた。なんの打ち合わせしてるんだろう…うみちゃん今日初めての階段だ……。゚(´>_<`。)゚。(自担が上に来ることを諦めてたからこの時点で大泣き)

今日初めて自担の硝子の少年踊ってる姿を見て感激して泣いた。踊ってる。7人揃ってる。7人揃うってこんなに素晴らしいんだ。しかもOP〜NON STOP!までは全グループ共通だから余計に感極まってしまった。

 

初めて上に来たから戸惑ってたうみの姿が可愛かった。とてつもなく愛おしかった。

いつものえげんが曲中に上手でやってたぐるぐるぐるぐるドッカーンの可愛い部分があるけど、初めて上に来たうみはなんのことかわからずただ呆然としてて。可愛かった。ただひたすら可愛かった。いつもどんな気持ちでモニターチェックしてたのかな〜

 

さすがにLock Lock は踊らないだろうなぁ〜と思ってたらしっかりガシガシ踊ってた。まって?19日まで足怪我してたんだよね?(私軽めのパニック)

 

自担が出てるってこんなに素晴らしいんだって改めて実感した。実感できた。

 

トラジャ海の家〜!いつもその前のone chanceうみは出ないで裏にいるからすぐ出て来るのだけど今日は歌って踊った後だったから出て来るの遅くて、本来ならこうだったのかな〜とか。本来なら全員まとめて出て来る予定だったのかな〜とか色々考えた。でもそんなのわからない。

 

EDでの挨拶で、

”まだまだ踊れない曲たくさんあるのですが早く直してみんなで踊りたいです!”

って言ってた。語彙力の低さとともに現れた素直な気持ちが言葉になって突き刺さって。私の心は砕けた。好きだ。好きだ。大好きだ。

 

21日 夜

 

自担がほとんどの曲踊れるようになって2公演目。キラキラな瞳で全体を見てくれる自担が可愛くて愛おしくて仕方がなかった。

まだ慣れてないところもあるのか、ピキラで入り間違えたり、振り間違えて周りキョロキョロしてたり。いつものうみには考えられないようなことがあって。新鮮な気持ちだった。好きだ。どんな状態でも好きだ。足怪我しようと、出番少なかろうと好きなもんは好きなんだって実感した。

 

もう絶対ないんじゃないかって言われてたOne Chance の”超いい”うみだったし。あの6人でやってたかっこいいダンスうみもやってるの見れて本当に嬉しかった⭐️

 

22日昼

ガイズで全員裸になった昼。(昼から何してんだよ。おい。そんな君達が好きだ。)

アクリルスタンドの販促でしめがめちゃめちゃ可愛かった。

それをバカにするうみが死ぬほど可愛かった。うみだって自分が可愛いってわかってるのに、様のことが羨ましくて嫉妬してるうみが可愛くて可愛くて…。゚(´>_<`。)゚。

 

(しめの流れを受けて)

うみ:あともう1個ここにグッズありまーす!しめやかあんなことできるよね(笑)俺なんて恥ずかしくて絶対できない。

 

まちゅ:ディスってる(笑)

 

宮近:嫉妬してるだけだよ(笑)

 

うみ:(しめの真似)ここにアクリルスタンドありまーす!限定1つです!

 

可愛すぎる。゚(´>_<`。)゚。かわいすぎて頭いかれそう…。゚(´>_<`。)゚。自分可愛いってわかりすぎてる…

 

22日 夜

 

1番激しかったガイズのダンス。トラジャのすごさに圧巻された夜。すごい。今までが最高レベルだと思ってたのにまだ上をいけるんだこの人たち…って思った。

ガイズのうみのダンスがかっこよすぎて、足の怪我してたなんて思わせないくらいのダンスでかっこいいがすぎるよ…🤦‍♀️

 

 

23日 昼

 

見学に、ジェシー。めっちゃ好印象抱いた。ほぼ踊ってるし、歌ってるし、MC面白いし、1番好きだったのはあのジェシーが、DWM踊っててさ!!スッゲェ可愛いんだ(笑)ぜひスト担ジェシー担に見せたい。あの可愛さはなまる。

 

ダブルカイトもめっちゃ仕上がってて日に日にかっこよさ増してるし。

SPARKからのピキラの流れも最高だし(やっとうみも本調子になってきて立ち位置間違えないようになったし。)

 

23日 夜

 

 

ガイズ〜ファミリー始まる前に宮近くん。

Travis Japan でよかった。”

ちょっとまってほんとに何言い出すの?

エモすぎるってば…

 

最後のうみの挨拶で

”怪我しないように頑張ります。”

って言ったら宮近くんがすかさず

”リハで頑張り過ぎて怪我しちゃったんだよね。”

って言ってたけど、うみの顔は全然笑ってなくて、下も向かずただひたすら遠くを見て唇噛み締めて。ただただ悔しそうだった。こんなに悔しかったんだ。きっとわたしの思ってる何倍も何十倍も何千倍も悔しかったんだな。

 

そして夜公演後には…

19:21  とらびすぢゃわん完売…!!!

会場にいたファンみんなで拍手👏

おめでとうだよ。ほんとにおめでたいこと。私たちにできる微力なことってほんとこんなことしかないからね。人気を持続させることってほんとに難しいから形だけでも見せつけないと次の仕事につながらない。そう思った今回のコンサート。

MC中にも紹介してたトラビスの今の現状。

毎週木曜日更新のYouTube、雑誌、とらまる、そしてしめちかんちゅ舞台。もう少しお仕事増えてもいいなぁって。せめて少クラもちゃんと言えるくらい毎週ちゃんと出れるといいなぁって。私たちもちゃんとそのために一生懸命トラジャのいいところアピールしたり、要望送ったりできることはしなきゃいけないんだけど。

やっぱり私たちだけの力じゃどうしようもないことの方がたくさんあるから。

 

24日昼

 

私はこれがラストの公演。絶対後悔したくなかった。開演待つ。いつも通りサマパラオリ曲。可愛くて可愛くて仕方ないあの振り付けが頭ぐるぐるして、どんどん終わってくって寂しかった。

オリ曲たくさん披露して、終盤のどうなってもいい〜It’s BAD、はけないでステージに居続ける中村海人がいた。嬉しかった。泣いた。ガシガシ踊ってる中村海人いた。やっぱり7人のTravis Japanがいいって心の底から思ったし、7人でステージ作ってるのが私は好きだって思った。6人で踊ってたいつばはなんとなく何かが物足りなくていつも見てる人がいないって感覚を味わってたんだけど違和感なくラスト見れてほんとに幸せだった。

 

美勇人くんが見学に来てた。DWMを楽しそうに踊ってた。Lock Lockを羨ましそうに踊ってた。Happy Groovyが大好きって言ってた。美勇人くんはやっぱりTravis Japanが大好きだった。MC紹介された時は自分もメンバーかのように、メンバーの裏話たくさんしてくれた。

みんな美勇人くんのことら大好きすぎて松松がちょっとだけ話混ざれてなくて…でも一緒に活動してた思い出とか消すことできないし、仕方ないのかなって思ったり。

 

そんなこんなで私の夏は閉幕。

本当に楽しかった。ただただ純粋に楽しかったし、はじめていった単独で、足を怪我したうみ。最初はすごく悲しかったし悔しかったけど、単独だからって自担が絶対にある保証なんてないことを改めて実感したし、ガシガシ踊るダンスを売りにしてるグループだからって絶対自担が踊ってる保証ないんだなって改めて思った。

 

次の単独は絶対壁一面埋まるくらい沢山お花で埋まるくらいたくさんお仕事の紹介できるといいなって心の底から思った。何ができるかわからないけどできることはちゃんと協力したい。頑張ってる彼らの努力絶対に無駄にしたくないから。

 

何はともあれ、6日間12公演本当に本当にお疲れ様でした。

またしあわせな笑顔見せてもらえますように…。゚(´>_<`。)゚。